FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッペルおやじ!!

ブログ開設当時は、ドッペルギャンガーファンだったドッペルおやじが綴るよもやま日記です。

現在は、ドッペルギャンガー&ロード&クロス&MTBはドナドナしてしまって、
水泳したり、ウォーキングしたりして体型維持に必死なおやじです。

最近、サバゲー始めたいと思っています。
※もう装備を買っちゃったんですよね!!(^_^;)


スポンサーサイト

リサイクルショップ

今日は、タンスの肥やしが邪魔やねん~って嫁に怒られて、
私のしばらく着ていないダウンジャケットをリサイクルショップへ持って行きました。

FILAのダウンジャケット、当時は○万円したのに~
数回しか着てないのに~

1時間くらい待たされて、買取金額が決まりましたのでカウンターまでの
案内放送に導かれカウンターへ

そこには、驚愕の金額が。。。

○○○円です。

えぇ~まじっすか!?

はい、そんなもんです。

じゃ、それでいいです。。。(涙混じりに)


ですよね、それくらいじゃないとストックするにもお金が掛かりますもんね。
そりゃ仕方ないわな~


自分を納得させる。

教訓:無駄なものは買わないようにしましょう。

絶対に失敗するはずがないカルボナーラの作り方

こんにちは、最近料理作りに目覚めたドッペルおやじです。

みなさん、カルボナーラって作るのが難しいですよね。
私も色々なレシピを参考に作ってみたのですが、極稀に美味く作れるのですが、
中々難しくて、何回失敗したことやら。。。(^_^;)

良く『絶対に失敗しないカルボナーラの作り方』って見かけますよね。

そこで、今回は自分への覚書の意味も含めて、
『絶対に失敗するはずがないカルボナーラの作り方』をお教えしますね。

こんなん知ってるわ~とか、厳しいコメントはやめてね!!(笑)

材料(二人分)
パスタ       160g
ベーコン      160g
生クリーム    200ml
とろけるチーズ  4枚
玉ねぎ      1個
ニンニク      1片
ブラックペッパー 少々
ドライパセリ    少々
コンソメ      少々


ベーコンは、薄切りではなくてブロックのものを厚めにきります。

140611002.jpg

生クリームは、二人分で1パック使っちゃいます。

140611001.jpg

チーズはトーストに乗せるようなとろけるチーズなら何でもオッケー!!

140611003.jpg

① パスタを茹でる用のお湯をタップリ沸かします。
   塩はお好みで適量入れて下さい。
   お湯が沸いたらパスタを茹ではじめます。

② フライパンにオリーブオイルを少し多めに入れて、
   ニンニクを厚めにスライスして投入後に弱火で加熱します。

③ オリーブオイルにニンニクの香りが入ったら、ベーコンを炒めます。
   かなりカリカリまで炒めて、ベーコンの味を引き出します。

④ フライパンに玉ねぎを投入し、少し透明になるくらいまで炒めます。
   炒めすぎると食感が無くなるので、固めに炒めて下さい。

⑤ フライパンに生クリームを1パック全て投入します。
   その中に、コンソメを少し。

⑥ フライパンにとろけるチーズを4枚入投入し、溶けるまで混ぜます。

⑦ 茹で上がったパスタをフライパンに投入します。
   生クリームの粘度が足りない場合は、強火で一気に生クリームの水分を飛ばして
   粘度をあげます。
   ※弱火でゆっくりやってるとパスタが伸びちゃいますので。。。

⑧ いい感じに粘度が上がったら、パスタをお皿に盛りつけます。
   最後に卵黄を真ん中に乗せて、ブラックペッパーを振ったら完成です。


出来上がりは、こんな感じ。

140611004.jpg

この写真では、ブラックペッパーを軽く振って、更にドライパセリを振っています。

カルボナーラのメニューは無数に有って、何が本物だとかは無いと思っています。
パルメザンチーズの代わりにスライスチーズ、パンチェッタ(生ベーコン)の代わりにベーコンを
使いました。
素人料理ですので、失敗なく美味しくできたらオッケーだと思って作っています。

パンチェッタは使ってみたい素材なのですが、スーパーなどで 500円/100g ほどしますので、
現在、自宅で作れないかトライしている最中です。。。絶賛失敗更新中!!(笑)

美味くできたら、パンチェッタのレシピもブログに載せようかなと思っています。

カルボナーラは材料費が比較的高くつきますので、失敗すると凹みますよね。
みなさんも、この方法で『絶対に失敗するはずがないカルボナーラ』作ってみて下さいね。

きっと、家族から絶賛されますよ!!

櫻の思ひで

4月7日 父親が亡くなりました。

享年80歳でした。

3月17日 父親が散歩中に倒れて、救急車で掛かり付けの病院に搬送されました。
末期の肝臓がんでした。

仕事の都合で、私が病院を訪れたのは週末になりました。
病院で初めて見た父親は、非常に弱々しく見えましたが、
表情は豊で、まだ生きたいという気持ちが感じ取れました。

3月27日で仕事の契約が終了し、翌日の早朝に自宅に戻りました。
一週間前には笑顔で手を振ってくれた父親でしたが、
全く表情が無くなっていました。

僅かに、私の言っていることに反応するだけの状態でした。

3月28日 天気が良かったので、嫌がる父親を車椅子に乗せて
花見に出かけました。
と言っても、既に車に乗れる状態ではなかったので、
病院から車椅子で廻れる範囲に限られます。

DSC_140328_0020_800.jpg

DSC_140328_0022_800.jpg

DSC_140328_0021_800.jpg

平野神社は、まだ櫻には早く肌寒かったですね。

この日から、母親と二人で父親に付き添う日々が始まりました。
お医者さまからは、「いつその時が来てもおかしくありません、覚悟をしておいてください。」と
言われていましたので、電話が鳴るだけでドキドキする、そんな不安な日々でした。

昨日できていたことが、今日はできない。
ひとつずつ、父親にできないことが増えていきます。

病魔は確実に父親を蝕んでいきました。

毎日、午後から病院へ行き、夜に帰宅する。
特に何をするでも無いのですが、看病する私達も疲労が蓄積されていきます。

4月6日 既に昏睡状態の父親でしたが、非常に息苦しいように見受けられます。
誰が見ても尋常な状態ではありません。
母親と相談して、その晩は病室に泊まることにしました。

翌朝、父親は眠るように亡くなりました。

最後まで、痛いとか苦しいとか、家族に心配させる言葉は一言も発せず。
立派な父親だったと思います。

私は、何ひとつ親孝行をしてあげられませんでした。
最低の息子だと思います。



哀しんでいる暇もなく、喪主である私は葬儀に追われました。
両親の希望で、親族6人だけの家族葬になりました。

DSC_140328_0147_800.jpg

娘が寄せ書きに絵を書いてくれました。
旅行好きだった父親にお似合いの絵です。

4月9日 告別式。

霊柩車が東山通りから蹴上の運河沿いを走ります。
平安神宮前、動物園前 満開の櫻の中、父親が通って行きます。

まるで天国に向かう路のように、満開の櫻が霊柩車を包み込みます。

DSC_140328_0122_800.jpg

DSC_140328_0108_800.jpg

DSC_140328_0107_800.jpg

DSC_140328_0163_800.jpg

この櫻は、後日私が植物園で撮影したものです。
私は、この歳まで櫻をゆっくり眺めたことがありませんでした。

いいもんですね、櫻って。

「雲ひとつ無い春風の空、香る風に散る櫻の儚さよ」

おとうちゃん、ありがとう。

明けまして、おめでとうございます。

いつもブログをご覧頂いているみなさま。

明けまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年も京都の実家へ帰省してきました。
妻と娘がジャニーズの年越しライブに出かけたため
今回は、息子と二人で帰省しました。

なななんんと、今回は息子が少し運転してくれましたよ~
やっぱ楽ですね。

大晦日は、早めに出発して高速はガラガラで息子の運転でも
安心して乗ってられたのですが、元旦はやっぱり少し混みますね。
初めて息子の運転で、助手席に乗ったのですが、とりあえず合格点かな!?(^_^;)

さて、元旦はお決まりの初詣なのですが。
子供の入学祈願もありませんし、父親の足元も少し不安でしたので、
自分ひとりで近くの今宮神社へ行って来ました。

10時半くらいに神社に着いたのですが、
今年は凄い人出で、本殿にお参りするのを諦めて
裏今宮神社です~

おみくじを引くと、あれ!?
何番!?

そう、「一」番でした、お金を支払っておみくじと交換すると
これまた、なななんと「大吉」

DSC_20140101_800.jpg

「待ち人来る」「争い事勝つ」「失せ物出る」「売り買い利あり」「病日を追って全快」
「家造り・引っ越し・縁談・旅立ち大いに良い」

って、良いことずくめやん~(笑)

今年は良い年になると良いな~

みなさんに、幸せが訪れますように。

テーマ : 日々のこと - ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。