スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透かし彫りのしおり

最近、通勤の電車の中で読書をすることが多いんですよね!!

お気に入りは、誉田哲也や堂場瞬一の刑事物がメインなんですけど、
特に誉田哲也の猟奇殺人や若年層の深層心理を突いた描写は凄いですね。

目が離せないって言うのか、次へ次へ読み進めたくなってしまう。

って、ことで今日は読書のお供のしおりを彫金の透かし彫りで作ってみました。


DSC_20130623_0002_800.jpg



どうしてもアラベスクが好きなんですよね!!

今の自分ではこれで精一杯ですが、もう少し Inkscape を使いこなして
更に複雑なアラベスクを透かしてみた~~~~~~~~~~~~い。

今回の素材は、黄銅(真鍮)の 0.3㍉厚のもので、3㌢x12㌢に切断して
6/0 の糸鋸刃で透かしてみたのですが、やはり少し波打ちますね。

0.5㍉~0.6㍉くらいの厚さのものがベストかもしれません。
ショット加工しても風圧で波打ちますしね。

う~~~~~~~~~ん、金工の世界は奥が深いです。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。